成分

ビューティーオープナーに配合されてる全成分は?

更新日:

ビューティーオープナーは話題の新素材「卵殻膜」を配合した美容液液で、その卵殻膜は、美容に欠かせないⅢ型コラーゲンの生成を助けてくれると言われ、大注目を浴びています。

そんなビューティーオープナーですが、成分は何が含まれていて、副作用はないのか?アレルギーは大丈夫なのか?いろいろ調べてみました。

 

ビューティーオープナーの全成分

  • 水・BG・ペンチレングリコール
  • 加水分解卵殻膜・ヒアルロン酸Na
  • スクワラン・カンゾウ根エキス
  • バラエキス・ローズマリー油
  • レモングラス油・ニオイテンジクアオイ油
  • デキストリン・オレイン酸ポリグリセリル-10
  • クエン酸Na・クエン酸

 

このような成分が配合されています。殆どの成分が天然素材で、ビューティーオープナーの成分は基本的には安全性の高い成分の配合が多い事が分かりました。

 

BG(ブチレングリコール)

アルコールの一種で抗菌剤や保湿でよく使用されるもので、これの配合により、防腐剤を極力抑えることが出来たそうで、化粧品にもよく使われています。

 

ペンチレングリコール

アルコールの一種で、よく化粧品のベース保湿剤として使われている成分です。

 

加水分解卵殻膜

ビューティーオープナー最大の特徴である卵殻膜のエキスです。お肌を乾燥から守り、加齢を抑制するコラーゲンの働きをよくしてくれます。

 

ヒアルロン酸Na

誰もがご存知、化粧品全般に使われている成分で、水に溶けやすい性質を持っていて、なめらかな保護膜を作ってくれます。

 

スクワラン

小ジワや乾燥を防ぐ成分です。

 

カンゾウ根エキス

マメ科植物のカンゾウの根や茎から抽出されるエキスのことです。メラニンの生成を抑える働きがあることから、シミやくすみ等お肌関連に効果を発揮し、美白効果が見込めます。

 

バラエキス

その名の通りバラの花から抽出されたエキスです。

 

ローズマリー油

香りが特徴のハーブで、血行を促進し、お肌のたるみ防止とお肌の引き締め効果があります。

 

レモングラス油

殺菌作用がある成分で、鎮痛作用や代謝促進、血行促進等に使われる成分です。

 

ニオイテンジクアオイ油

肌の引き締め、皮脂分泌をコントロールし、乾燥肌や油性肌を防ぐなどの効果が見込めます。

 

デキストリン

トウモロコシを原料として抽出されたデンプンや炭水化物のことです。エキスの調整と皮膚への吸着剤として化粧品によく使用されます。

 

オレイン酸ポリグリセリル-10

合成界面活性剤や皮膚コンディショニング剤、乳化剤して、化粧品には欠かせない成分です。食品にも使用されている比較的安全性の高い成分として知られています。

 

クエン酸Na

エン酸を炭酸ナトリウムで中和したもので、化粧品のpHの調整として使用されます。

 

クエン酸

pHの調整が目的として配合される成分です、クエン酸Naと合わせて使用することで、人の肌と同じpH値に調整されます。

 

※ pH(ペーハー)酸性やアルカリ性を調べるために用いられる水素イオン濃度を示す指標で、0-14までの数字で表されます。

 

アレルギー関連

ほとんどの成分が天然素材なのですが、一つだけ気になるのが、

(オレイン酸ポリグリセリルー10)です。

このオレイン酸ポリグリセリルー10は乳化剤や界面活性剤としてよく使われる成分のため、お肌が弱い人や皮膚のアレルギー体質の人は刺激になる場合があります。アレルギーや肌が弱くない人は問題ないと思われます。

 

まとめ

美容家、美容ライター、美容研究家、エステティシャンも絶賛し、大注目のこのビューティーオープナー。2017年にモンドセレクション金賞も受賞しました。ビューティーオープナーは女性の肌悩みを速攻で1適であなたに答えてくれるはずです。

 

-成分
-,

Copyright© 肌老化が気になる36歳。ビューティーオープナーの効果を口コミしてみた , 2017 AllRights Reserved.